tenkinoko

「天気の子」みた!感想・声優・歌・驚きの考察(須賀の正体は…)

こんにちは!なおやすです。

「天気の子」観ましたか!?!?

観た人⇨いや〜、良かったですね!
観てない人⇨いや〜、良かったですよ!

この記事では、映画『天気の子』の感想あらすじ声優の紹介、それから驚きの考察についてお伝えしていきたいと思います!

映画「君の名は」や新海誠の他の作品を無料で見る方法


映画『天気の子』感想

感想を一言で言うと…

観て良かったです!

1800円払う価値はありました笑

色々感動するシーンはあったのですが…

後ほど紹介する歌「グランドエスケープ」が流れるシーンは特に鳥肌がヤバかったです!

お天気バイトのシーンもなんか泣きそうになりましたし、クライマックスの須賀のアタックも「おぉーーー!」って感じでしたし!

僕が映画『天気の子』から受け取ったメッセージはこの4つです。

  • 「ありがとう」を形にしたものがお金である。
  • 世界なんて元から狂ってるんだ。
  • 理不尽を楽しもう。
  • ルールを守ることより大事なモノがあるのかもしれない。

もちろん人によって感じること、思うことはそれぞれだと思います。

それでいい。

そこからはじまる。

ぜひあなたの感想もコメントしてくださいね🎵


映画『天気の子』あらすじ

ここで簡単にあらすじを振り返ってみましょう。

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

⇨映画『天気の子』公式サイト

映画『天気の子』声優/主要キャスト/主要スタッフ

次は映画『天気の子』の声優・主要キャスト・主要スタッフの紹介です!

僕は予告を見ずに映画を観たので、エンドロールで流れてくる声優の名前を見てびっくらこきました笑

主要声優紹介

  • 森嶋帆高 / 醍醐虎汰朗
  • 天野陽菜 / 森七菜
  • 天野凪 / 吉柳咲良
  • 須賀夏美 / 本田翼
  • 須賀圭介 / 小栗旬
  • 安井刑事 / 平泉成
  • 高井刑事 / 梶裕貴
  • 立花冨美 / 倍賞千恵子

脇役の名声優紹介

  • 間宮夫人 / 島本須美
  • 須賀萌花 / 香月萌衣
  • スカウトマン木村 / 木村良平
  • カナ / 花澤香菜
  • アヤネ / 佐倉綾音
  • 佐々木巡査 / 市ノ瀬加那
  • 占いおババ / 野沢雅子
  • 神主 / 柴田秀勝

主要スタッフ紹介

  • 新海誠 / 原作・脚本・監督
  • RADWIMPS / 音楽
  • 田中将賀 / キャラクターデザイン
  • 田村篤 / 作画監督
  • 滝口比呂志 / 美術監督
  • コミックス・ウェーブ・フィルム / アニメーション制作

映画『天気の子』歌

続いて映画『天気の子』に登場する歌を紹介します!

  • 愛にできることはまだあるかい
  • グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子
  • 大丈夫
  • 風たちの声
  • 祝祭(Movie edit) feat.三浦透子

こちらの5曲が映画の中で登場するボーカル曲です🎵

そしてこれら全てが聴ける動画がYouTubeにあがっています。

本当は違法かもしれないので、消されちゃうかもですが…

YouTubeで

『天気の子』全曲【RADWIMPS】

と検索してみてください笑

映画『天気の子』驚きの考察・須賀の正体とは?

さてお待たせしました。

ツイッターで話題になった⇨「須賀の正体」

実は須賀の正体とは、

  • 大切な人を諦め、世界の平和を優先することを選んだ場合のもう1人の帆高を映した存在である

というのです!

元ネタを載せておきます。

元ネタ

全文引用させていただきますね。

※ネタバレ注意です!



 

須賀という男の存在は、大切な人を諦め、世界の平和を優先することを選んだ場合の「もう1人の帆高」を映した存在である。

須賀は左手に指輪を2つつけていた。この指輪は強調されて映画に何度も出てきていた。須賀が左手に着けている2本の指輪のうち1つは、亡くなった奥さんのモノである。

事故で亡くなったと話していたが、おそらく須賀の妻も晴れ女だったのだろう。陽菜同様、晴れ女として力を使いすぎたせいで消えてしまったのだ。

陽菜が消えた時、指輪が空から落ちてきた。須賀の妻も陽菜が消えた時と同様、指輪が空から落ちてきた。須賀はその指輪を、公開を抱きながら左手に着け続けている。須賀の娘は喘息持ちで、雨の日に発作が酷くなる。

そんな娘のために、妻は天気を晴れにし続けた。その代償として妻が消えてしまう危機を感じていながらも須賀自身、妻を咎めきれなかった。結果妻は消え、須賀は止められなかった自分自身に責任と未練を感じながら、妻の形見(指輪や冷蔵庫のメモ)とともに生きてきた。オカルトものに関心があり、それを仕事にしているのも、妻のことがあったから。須賀自身も未知の力を誰よりも信じてる。

妻の代わりに新たに「晴れ」にしてくれる陽菜が現れた。力を使い続けた後の結末は知っていた。しかし雨が続くことは娘の病状にも影響がある。そのため須賀の中には様々な葛藤があった。

警察官が部屋に訪れた時の須賀の無意識に溢れた涙は後悔や葛藤、その全てを表している。帆高が陽菜を助けるシーンで警察官よりも早く廃墟に須賀がいたのは、全てを知っていたから。最後は帆高に自分にように後悔して欲しくないと思い、助けた。

「もう大人になれよ、少年」かつての自分自身を押し殺し「大人の選択」をした須賀と大人になりきれなかったが真っ直ぐに大切な人を選んだ帆高。

世界の形が変わったとしても、誰かにとって不幸になる形でも、自分の世界に必要不可欠な人。その人と共にならそんな世界でも生きていけるという「愛」を表した作品。

どうですか?

僕にとっては鳥肌もんでした笑

これを知ってしまった今。

僕は2回目観に行こうと思います。

映画「君の名は」や新海誠の他の作品を無料で見る方法

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク