テックエキスパート 評判

テックエキスパートの評判・口コミ【通う価値ありの理由】

テックエキスパート(TECH::EXPERT)に通おうか迷っているあなた!

実際に通い始める前に、TECH::EXPERTの受講生のリアルな評判・口コミを見ていきませんか?また、期間限定の割引キャンペーン情報も調べました!

僕も実際にプログラミングスクールに通っていた経験があるので、共感できるものを集めました!

先に口コミをまとめると…

■信頼できるメンター(教えてくれる人)に出会うことができた。

■就職先にweb系企業が多い。

■学習内容の流れがしっかりしている。

■メンターによって知識や対応に差がある。

■学習環境がイマイチ。

■教材内容が難しい。

こんな感じになっています。

この記事ではTECH::EXPERTの口コミ・評判の他に

  1. TECH::EXPERTの料金について
  2. フリーランスになることや就職先について
  3. 学べるプログラミング言語やカリキュラムについて

お伝えしていきますので、ピンポイントで情報が欲しい方は「目次」からリンクを踏んでください♪

そして今なら割引キャンペーン中です!

〜期間限定の割引キャンペーンに参加する方法〜
  • 9月22日までのキャンペーン期間内に、無料カウンセリングの申し込みを行った人
  • 10月31日までに受講申し込みを行った人
  • 無料カウンセリングの申込時に紹介者欄へ「R25」と記載した人
 
 
この記事を書いた人
就活期間2ヶ月でweb系自社開発企業に内定

2020年からwebエンジニアとして働く予定

初等教育専攻のド文系大学生

プログラミング未経験の新卒として就活した


テックエキスパート(TECH::EXPERT)のリアルな評判・口コミをまとめてみた!【良い口コミ・悪い口コミ】

テックエキスパート(TECH::EXPERT)の良い評判・口コミ

それでは早速テックエキスパート の「良い口コミ」からお伝えしていきます。

見ていただけると分かるように良かった口コミとしては、信頼できるメンターさんに出会えたという声や、実際にエンジニアとして転職することが出来たという声が多かったです。

TECH::EXPERTは転職成功率99.0%という実績ですからね…

しかも転職保証付きなので、万が一エンジニア転職できなかったら全額返金です。

TECH::EXPERTに通ったけど、転職出来ませんでしたという声は無かったのが驚きです!

テックエキスパート(TECH::EXPERT)の悪い評判・口コミ

続いて「悪い口コミ」をお伝えしていきます。

悪い口コミとしては、メンターの知識や対応に個人差があることや教材の説明が不十分で難しく感じるというような口コミが目立ちました。

僕はDMM WEBCAMPというプログラミングスクールに通っていたのですが、メンターの知識や対応に個人差があることには凄く共感できました笑

この人の教え方わかりやすいなぁって思う人もいれば、分かりにくいなぁって思う人も確かにいるんですよね( ;  ; )

一方こんな意見も…!

どんなサービスやスクールでも100%満足するってことは難しいですよね…

プログラミングスキルが身につくかどうかは、個人の努力によるものも大きいと思うので、どこのスクールに通うかは、理想のキャリアの決定打にはならなそうです^ ^


TECH::EXPERTの高額な受講料金を払う価値があると思う理由

この記事を読んで下さっているあなたなら察しはつくと思いますが、TECH::EXPERTの受講料金は約60万円と高額です。

しかし!本気でエンジニア転職を目指すなら僕はこの料金を払う価値はあると思います。

というのも…

エンジニア就職に成功すれば60万円は余裕で回収できるから!

最初に紹介した通り、僕は新卒でwebエンジニアになるので給与の実例を紹介します!

まずは全業界とIT業界の新卒の平均年収から。

全業界の新卒の平均年収はおおむね200万円~250万円です
これを月収に換算すると、およそ19万円~20万円で、さらにボーナスが加わることで年収の差が大きく変わります。
年収額に関しては、職種や企業によって差があり、特にIT関連やコンサルティング企業になると、新卒でも平均年収400万円~500万円になることも珍しくありません
引用:センパイの就活

ネット上の記事のため100%正しいとは言えませんが、僕の周りの話を聞いていると概ね正しいと思います。

そして新卒webエンジニアの僕の年収は320万円です。

証明できるものがないのであれですが…笑

全業界の平均と比べて60万以上高いことは分かります。

そしてこれは新卒に限りません。

引用:TECH::NOTE
引用:CLABEL

「平均」なので企業によって差はあれど、こちらの2つの情報を比べてみてもエンジニアの年収は高い傾向にあります。

単純計算でもエンジニアに転職してから3年以上経てば、元は取れそうです。

それに、就職先で身に付けたプログラミングスキルを活かしてフリーランスになる方もいます。

こちらはレバテックフリーランスのHPですが、平均800万超えは夢がありますね。

個人差は当然あるにしても、プログラミングスキルという特性からフリーランスになれる可能性があることが魅力ですよね♪

TECH::EXPERTからいきなりフリーランスになるのはちょっと微妙

テックエキスパートには、副業・フリーランスコースがあって、プログラミング未経験からでも独立まで完全サポートしてくれるコースがあります。

ただ個人的には、業務経験を積まずにフリーランスになるのは少し微妙かなと思います…

と言うのもIT専門エージェントから実際に聞いた話では、エンジニアとしての業務経験がなければ、案件を紹介することは難しいとのことです。

そうなるとエージェントを経由せずに、自分で営業をして仕事を獲得する必要があります

それが出来る方はいきなりフリーランスもありだとは思いますが、それは難しいと感じる方は、まずはIT企業に潜り込んでから業務経験を積むほうがいいと思います!

TECH::EXPERTの就職先には自社開発企業が多いのが特徴

こちらは、TECH::EXPERT(テックエキスパート)の卒業生の就職先のデータです。

僕が注目して欲しいところは企業名ではありません!

一番注目すべきところは決定先比率です。

一般的には、SESと呼ばれている業態よりも、自社開発企業の方がエンジニアとして成長できると言われています。

その項目にある「自社サービス開発」が卒業生の就職先として60%以上あるということに注目していただきたいのです。

自社サービス開発企業への就職率が60%以上あるのはかなり魅力的だと思います!

テックエキスパート公式HPでは卒業生インタビューも見ることが出来るので、ぜひ読んでみてください♪

TECH::EXPERTで学べるプログラミング言語とカリキュラム

それでは最後に、TECH::EXPERT(テックエキスパート)で学ぶことが出来るプログラミング言語カリキュラムをお伝えして終わりにしたいと思います。

テックエキスパート公式HPを見てもらうと確実ですが、学べる言語は「Ruby」で、その他にも実際の現場で使えるスキルが身に付くカリキュラムとなっています。

また、チーム開発コードレビューなど就職先を想定したカリキュラムになっているので、エンジニアとして働くイメージが付きやすいカリキュラムになっているのが特徴です。

割引キャンペーンをお見逃しなく!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

最後にもう一度、期間限定の割引キャンペーンの申し込み方法を載せておきます!

〜期間限定の割引キャンペーンに参加する方法〜
  • 10月31日までに受講申し込みを行った人
  • 無料カウンセリングの申込時に紹介者欄へ「R25」と記載した人

 

 

 

あなたの新たな一歩を応援しています!

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク