なぜ人気?

Scratch(スクラッチ)が子供向けプログラミング言語である理由と使い方

こんにちは!小学生にプログラミングの楽しさを教えている「なおやす」です!

 

子どもがプログラミングを勉強するのには「スクラッチ」というものがいいらしい…

やらせてみたいんですけど、どうやったらいいか分からないんです。

また、「スクラッチ」がいいと言われている理由学び方もついでに知りたいです。

こんなお悩みに

 
この記事を書いた人

大学で初等教育を専攻している

幼・小の教員免許を取得中

小学生にプログラミングを教えている

2020年からwebエンジニアとして働く

こんな人が「子ども」「プログラミング」両方の視点からお伝えします!

なぜスクラッチが子どもにオススメなのかが分かる

子どもがスクラッチを使って勉強する方法が分かる

子どもがプログラミングを勉強するとどうなるのかが分かる


なぜスクラッチが子ども向けプログラミングにおすすめなの?

猫

scratch(スクラッチ)は子どもにオススメのプログラミングだ!

なんてよく聞きますよね。

そして僕も同じくおすすめしています!

実はその理由をまとめるとこんな感じなのです。

  • 目で見て分かりやすいから
  • 外国の学校でも使われるくらい有名なものだから
  • 2020年から小学校で使われる可能性があるから

これから1つずつ詳しくお伝えしていきますね♪

 
理由はいいから使い方を教えてくれ!

って方は飛ばしてもらっても大丈夫です!

目で見て分かりやすいから

目で見て分かりやすい」これが一番大きい理由ですね。

ちょっと2つの画像を見比べてみてください。

ホントは少し違いますがどちらも「まっすぐ前に進む」という意味のコードです。

上の画像はむずかしい英語を使って書かないといけませんが、下の画像はどうでしょうか?
※上の画像はプログラマーが使うもの、下の画像はスクラッチ。

日本語で書かれているし、オレンジと青のブロックを繋げるだけなので目で見て分かりやすいですよね

こんな感じで、とにかく分かりやすいようになっているので、子どもがプログラミングをするのにオススメされているんですね!

外国の学校でも使われるくらい有名なものだから

実はこのscratch(スクラッチ)は、外国の学校の授業でも取り入れられているんですよ?

scratch ED

こちらは海外のサイトになりますが、世界各国の先生たちがスクラッチを使って行った教育の方法を共有しているサイトです。

例えばこちら(全ての科目にまたがるスクラッチ)の記事では、スクラッチを使って勉強することで「読み」「書き」「数字」「音楽」なども学ぶことができると述べられています。

こんな感じでスクラッチは、海外の学校でも認められているくらい有名な教材なんですよ!

2020年から小学校で使われる可能性があるから

先ほどのスクラッチの外国での導入事例もあるように、スクラッチは教育として使うことが可能です。

日本政府はグローバル人材を育成しようと考えているので、この事例を見逃すはずがありません。

あくまでも予想になってしまいますが、2020年からのプログラミング教育必修化によって、スクラッチが日本の小学校にも導入される可能性はかなり高いと言えるでしょう。


子どもがスクラッチを使って勉強する方法を3つ紹介

それではここから、家庭でもできる!子どもがスクラッチを使って勉強できる方法を紹介していきたいと思います!

  • 子どもが独学で勉強する
  • 親と一緒に勉強する
  • スクラッチを使っている教室に通う

それではいってみましょー!

Scratch(スクラッチ)を使う方法

まずは使えるようにしないとです。

こちらからスクラッチのサイトに飛ぶことができます。

サイトに飛んだら「参加する」をクリックします。

スクラッチ画面

「ユーザー名」「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。

スクラッチ

「生まれた年と月」「性別」「国」を入力して「次へ」をクリックします。

スクラッチ

「両親は保護者のメールアドレス」を入力して「次へ」をクリックします。

「さぁ、はじめよう!」をクリックしたらおしまいです。

お疲れさまでした!

これでscratch(スクラッチ)を使うことができます!

ここからは勉強する方法についてお伝えしていきます。

子どもが自分1人で勉強する

親にとっては一番コスパがいい方法です!

出来る子なら自分1人でもスクラッチで作品を作りながらプログラミングの基礎を学ぶことができます。

もしあなたが子どもに、プログラミングに触れさせてみたいという気持ちだけなのであれば、スクラッチを使って遊ぶだけでも十分だとは思います。

ただ!本格的にプログラミングを学んで欲しいということであれば話は別です。

その場合には以下の2つの方法をおすすめします♪

親と一緒に勉強する

僕が一番オススメしているのは、親と一緒に勉強することです!

その理由は「子どもは親の背中を見て育つから」です。

実はちゃんと結果も出てるんですよ♪

自ら机に向かう子の親が欠かさない習慣

わが子が自ら机に向かう習慣づくりのために、親が真っ先に行うべきは、親の側が自ら机(リビングテーブルなど)に向かう習慣、すなわち学んでいる姿勢を見せることです。学ぶことがたまらなく楽しい状態、学習を「楽習」と捉えることです。親が、その姿勢を背中で示しましょう。
引用:PRESIDENT Online

ぜひ読んでいただきたいのですが、こちらの記事は現役の小学校の先生が書いた記事です。

記事によると難関大生の多くが「親から勉強しなさいと言われたことがない」と言うそうです。

その秘密がまさに、親が勉強している姿を見せることなんです!

こんなものもありますので、ぜひ見てください♪

もちろん「仕事が忙しい」「家事が大変」など、なかなか時間が取れないこともあるでしょう。

そんなご家庭に朗報です!

スクラッチを使っている教室に通う

レッスン料はかかってしまいますが…

scratch(スクラッチ)を使ってプログラミングを教えてくれる教室があるんですよ!

それがこちら。

Tech Kids School【テックキッズスクール】

無料で体験をすることが出来るので、ぜひ遊びに行ってみては?

子どもがプログラミングを勉強するとどうなるの?

ここまで読んでいただいてありがとうございます♪

最後に「子どもがプログラミングを勉強するとどうなる?」という話をして終わりにしたいと思います。

結論としてはこんな感じです。

  • これからの時代に必要な力=「創造力」「問題解決力」が身につく

  • 将来、仕事に困らない大人になれる

  • 上手に伝える力が身につく

もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事が役に立ちます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

それでは、よいプログラミングLifeを!

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク