プログラミング教育

プログラミング教育の問題点まとめ【家庭で出来る対策方法も紹介】

 
最近話題になっている「プログラミング教育」には問題点があるって聞きました。

具体的にどんな問題があるのか知りたいです。

また、家庭でも出来る対策みたいなものがあれば教えてください!

こんなお悩みに

 
この記事を書いた人
大学で初等教育を専攻している

幼・小の教員免許を取得中

小学生にプログラミングを教えている

2020年からwebエンジニアとして働く

こんな人間が「子ども」「プログラミング」両方の視点からお伝えします!
※この記事では、小学校におけるプログラミング教育を想定しています。

プログラミング教育の問題点が分かる。

プログラミング教育のことが分かる。

家庭で出来るプログラミング教育が分かる。


プログラミング教育の問題点とは

プログラミング教育を実施する上での障害となっているもの
引用:STEM Academy Kids

結論から言うとプログラミング教育の問題点は大きく3つあります。

  • 教員の知識不足
  • 導入された前例がない
  • 授業時間が足りない

これだけ見ると「無い物」が多すぎる気がしますね笑

1つ1つの問題についてここから詳しくお伝えしていきます。

問題点1「教員の知識不足」

問題点1は「教員の知識不足」です。

これが一番の原因と言っても過言ではないですね。

だってプログラミングの「プ」の字も知らない人間がいきなり

「教えろ!」って言われたって無理な話ですよね…

教員とはいえ、プログラミングの知識だけでいえば子供達の親とほぼ変わりません。

むしろIT系企業に勤めていらっしゃる親から見れば鼻で笑ってしまうような知識だと思います。

ですが、2020年から小学校でプログラミング教育が必修化になります。

いくら教員に知識がないと嘆いたところで、これは変わりません。

つまり小学校の教員は、早急にプログラミングの知識を身につけることが要求されています。

ただでさえ事務処理や日々の授業に追われているのに、教員自身が勉強する時間があるとは到底思えません。

教員の知識不足は、教員が勉強する時間がないということでもあるのです。

問題点2「導入された前例がほとんどない」

問題点2は「導入された前例がほとんどない」です。

厳密に言うと、試運転的な導入事例はあります。

それがこちら

上のリンクに飛んでもらうと分かるのですが、あくまでもビジュアル言語と呼ばれるツールを用いて授業を進めていくスタイルのようです。

ビジュアル言語とは?

よくある勘違いとして、

 
プログラミング教育ってプログラムが書けるようになるためにするんじゃないの??

って思っている方がいますが、これは勘違いです。

後ほど詳しくお伝えしますが、小学校におけるプログラミング教育のねらいは、プログラミングが出来るようになることではありません!

親御さんも授業参観などで、プログラミング教育の授業を見ることがまだ出来ないので、こういった勘違いが生まれるのも無理はないですよね。

今までの前例がないというのは、プログラミング教育の問題の1つです。

問題点3「授業時間が足りない」

問題点3は「授業時間が足りない」です。

実は学校の授業時間って法律で決められているんです。

そして教える内容も学習指導要領というもので決まっています。

つまり教員は、決められた内容を決められた時間で教えなければなりません。

この話の肝は「プログラミング」という科目は存在しないということ。

授業時間が足りないと言われているカラクリはここにあります。

本来教えなければならない「国語・算数・理科・社会・生活・体育・音楽・家庭・図画工作」のいずれかの内容をプログラミング的な要素を用いて教えなさい。

ということなんです。

今まで口頭で説明するだけで良かった内容を、パソコンや器具を使ってプログラミング的な要素を混ぜて教えなければならないので、そりゃ授業時間が足らないですよね…


プログラミング教育とは

???

ここからは、そもそもプログラミング教育ってなんなの?という疑問についてお答えしていきたいと思います。

  • プログラミング教育の「ねらい」
  • プログラミング教育の「メリット」
  • プログラミング教育の「デメリット」

これら3つをお伝えしていきます。
※小学校におけるプログラミング教育を想定しています。

プログラミング教育の「ねらい」

それではまず、小学校におけるプログラミング教育の「ねらい」についてのまとめです。
※文部科学省HPからそのまんま引用です。

  1. 「プログラミング的思考」を育むこと。
  2. プログラミングの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと。
  3. 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとすること。

大まかな ねらいはこの3つです。本当にそのまんま引用したのですが、分かりづらいですよね…

ざっくり説明すると「パソコンを上手に使って論理的に勉強してみましょう」

ってことだと思います。

本当はもっと深い意味ですが、ざっくりですざっくり。

プログラミング教育のねらいについてはネット上に公開されていますので、興味がある方は上のリンクからご覧くださいね♪

また、大切な一文が明記されていたので引用します。

これら①、②、③の三つのねらいの実現の前提として、児童がプロ グラミングに取り組んだり、コンピュータを活用したりすることの楽しさや 面白さ、ものごとを成し遂げたという達成感を味わうことが重要です。「楽 しい」だけで終わっては十分とは言えませんが、まず楽しさ面白さ達成感を味わわせることによって、プログラムのよさ等への「気付き」を促し、 コンピュータ等を「もっと活用したい」、「上手に活用したい」といった意欲を喚起することができます。さらに、学習活動に意欲的に取り組むことに より、「プログラミング的思考」を育むとともに、各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、プログラミングを学習活動に取り入れることで、 各教科等の学びも充実していくことが期待されます。このためには、学習指 導要領に示すとおり、児童がプログラミングを「体験」し、自らが意図する 動きを実現するために試行錯誤することが極めて重要となります。

プログラミング教育の「メリット」

次はプログラミング教育のメリットについてお伝えしていきます。
参考:embot

論理的思考力が身に付く

プログラムを組むということは、PCやロボットに命令するということです。

PCやロボットは論理的に正確に命令しないと思い通りに動いてくれません。

こうした論理的思考力が養えるのは、プログラミング教育のメリットの1つであると言えるでしょう。

問題解決能力が身に付く

論理的思考力が身についていれば、問題解決能力も自然と身についていきます。

それは、1つの問題を論理的に解決していけるようになるからです。

例えば、自分が思った通りにロボットが動かなかったら、それを解決しようとしますよね。

でも闇雲にいじってみてもロボットを正しく動かすことは出来ません。

論理的に手順を踏んで解決することが、急がば回れであり、問題解決能力なのです。

ある問題を論理的に考えて解決していく力が養えるのは、プログラミング教育のメリットの1つであると言えるでしょう。

また、プログラミング教育とは関係なく「子供がプログラミングを勉強するメリット」についてはこちらの記事が参考になります。

プログラミング教育の「デメリット」

次はプログラミング教育のデメリットについてお伝えしていきます。

基本的に子供たちがプログラミング教育を受けるデメリットは無いと思います。

ただ!注意しなければならないことはありますので、それをお伝えします。

実感を伴う活動の時間が減る

プログラミング教育では恐らくPCやタブレットを使うでしょう。

そうなると必然的に「実感を伴う活動の時間」は減ると予想できます。

友達と話し合ったり、実際に手で触れてみたり、匂いを嗅いだり、耳で聞いたり、目で見たりという活動のことです。

この時間が減る危険性については同志社大学教授の三木光範氏が言及しています。

必修化盛られた小学校のプログラミング教育の問題点とは 同志社大学教授・三木光範

インターネットの危険に巻き込まれる可能性が高まる

プログラミング教育では、インターネットを使うことも当然あると思います。

そのため、インターネットの危険性を知らない子供たちが、インターネット上の犯罪に巻き込まれる可能性は十分考えられます。

デメリットと言えば聞こえは悪いですが、現代においてインターネットは切り離せません。

今すぐスマホを捨ててくださいって言われたら発狂しますよね笑

なので、プログラミング教育と並行して、ネットの危険性についてちゃんと教える必要がありますね。

家庭で出来るプログラミング教育とは

プログラミング

問題が山積みのプログラミング教育ですが、学校に任せっきりではもったいないです!

そこで最後に「家庭でできるプログラミング教育」を紹介してこの記事を締めたいと思います。

プログラミング教室に通う

お金が掛かってしまうのが欠点ですが「プログラミング教室」に通うことが一番堅実です。

スマホアプリを作れるくらいのプログラミングスキルが学べる教室もあれば、楽しく挫折しないことを売りにしている教室もあります。

プログラミング教室の選び方はこちらの記事が役に立ちます。

おすすめの子供向けプログラミング教室3社!【すべて無料体験あり】

無料体験ができる教室のみ紹介されていますので、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

アプリでプログラミングに触れる

 
教室に通わせるのはちょっと…

という方はスマホアプリを使うことをオススメします。

子供が無料でプログラミング体験できるアプリ10個紹介!【体験談あり】

出来る子なら、自分の力だけでスイスイ進めることが出来るはずですよ♪

プログラミング教育は問題が山積み

問題

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

プログラミング教育は、まだまだ問題が山積みであることを理解していただけたかと思います。

しかし、子どもがプログラミングを学ぶメリットは計り知れません。

先ほどもお伝えしましたが、これからの時代は生活とITが切り離せないものとなります。

そしてそれを支えるのはプログラミングスキルです。

僕は子どもにプログラマーになれ!

と言いたいのではありません。

プログラミングを知っていることが人生の選択肢を広げると確信しているから、子供達にはぜひ楽しく学んでほしいと思っているのです。

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク