子供の遊び場を奪っているのは誰?今と昔で変わったのは子供じゃない!

  • 2019年5月26日
  • 2019年5月26日
  • 子ども

ありがたいことに、こちらのツイートが僕にしてはバズりました笑

この記事では、このツイートに関して僕の考えを詳しく伝えたいなと思ってこの記事を書きました。

意見の押し付けではありません。もちろん反対意見もあるでしょう。

これをきっかけに一人ひとりが考えてくれればいいなと考えています。

ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです( ´∀`)

そして、これだけは覚えておいてください。

誰が何と言おうが、子供達(特に幼児以下)が最優先にやるべきことは「遊び」です。

「勉強=学び」と勘違いしている大人が多いですが、子供達にとっては「遊び=学び」です。

特に幼児期の遊びは、その後の将来を大きく左右します。

そもそも遊ぶ時間が減っているのは本当??


子どもが屋外で遊ぶ時間、「減少した」が92.0%! 「放課後、保護者と子どもが一緒に外で遊ぶ時間」、1時間以上はわずか5.6%、2人に1人は「遊ぶ時間がない」!

https://www.coerver.co.jp/magazine/survey/457/

僕の体感では、ただの主観になってしまうので、他の記事から引用させていただきました。

な、なんと!

92%の人達が「遊ぶ時間が減少した」と回答しています。

ほとんどの人が思っていることだったんですね。。。

どうやら、子供達の遊ぶ時間が減っているのは本当みたいです。

遊ぶ環境を奪っているのは誰ですか?

子供は遊ぶ環境を自分たちで作ることは出来ませんよね。

子供達だけでは、公園や遊具を造ることは出来ないですし、遊ぶための施設を造ることだって出来ません。

これに関しては誰もが共感できると思う事実です。

そして、公園を減らし、遊具を撤去し、大きな声を出すことを禁止し、ボール遊びを禁止しているのは誰ですか?

思い浮かべる名前は、人それぞれでしょうから、僕から答えは言いません。(言えません。)

でも、その答えは「子供」では無いはずです。

遊ぶ意欲を奪っているのは誰ですか?

仮に近所に遊べる公園があったとしましょう。

ではその公園で、あなたの子供を1人で遊ばせることが出来ますか?

きっとほとんどの人は、「いいえ」と答えるでしょう。

僕には子供がいないのであくまでも予想でしか無いですが、

・事故に遭うかもしれない

・変な人に会うかもしれない

・犯罪に巻き込まれるかもしれない etc…

色々あると思います。

そして、子を大切にしている親の思いからきっとこう答えますよね?

「事故に会うかもしれないから1人で公園に行かないで」

「変な人に会うかもしれないから1人で遊びに行かないで」

でもよく考えてみてください。

言われた子供からしたら意味わかんなくないですか。

だってこれらの事件の原因を作っているのって子供じゃないから。

せっかく遊びたい意欲があっても、それを奪っているのは誰ですか?

※僕は、親は悪くないと思っています。

遊ぶ時間を与えないのは誰ですか?

あともう一つ子供が作れないものがあります。

それは、時間です。

学校に行っている間は、勉強していますよね。

でも放課後の時間は?

この時間って基本的に子供の自由時間なはず。

綺麗な言葉で表現すると、「なんのしがらみもなく自分の好きなことを好きなだけやれる最高の時間」なんですよ!

「最近は習い事が多くて遊ぶ時間がない」とか「宿題が多くて遊ぶ時間がない」ってよく聞きますよね。

その子が習い事を自分で「やりたい!」って言って選んでいるなら最高だと思います。

その子が宿題を自分で「やりたい!」って言ってやっているなら最高だと思います。

でも、もう一度よく考えて欲しいのです。

「やらされている習い事」「毎日の大量の宿題」が本当に子供達の将来の「生きる力」を育むと思いますか?

「はい」と答える人はそれでもいいと思います。

人それぞれ考え方は違うし、なにが正しいかは分かりません。(特に教育に関してはこのての話題は炎上しやすいです)

まとめ

Twitterでの発言の通り、子供達が持つ潜在的な好奇心は今も昔も変わりません。

僕は今まで100人以上の子供と遊んできましたが、外で遊ぶよりもゲームの方が好きな子はいれど、外遊びが嫌い(一部の感覚特性がある子を除いて)な子には会ったことがありません。

子供の意志で外で遊ばなくなったんじゃないんですよ!

日本国民一人ひとりに考えて欲しい問題です。

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク