好きな仕事とお金どっちを取る?やりがい搾取は不満が溜まるかも。

仕事を選ぶ時に、

「好きだけど給料が安い仕事」

「嫌いけど給料が高い仕事」

あなたならどっちを選びますか?

少し極端な例ですが、「やりがい」と「給料」について僕なりの考えを経験談を元にお伝えしていきます。


結局お金があれば夢は実現しやすい

あなたには夢がありますか?

お金持ちになりたい、旅行に行きながら暮らしたい、有名人になりたい、youtuberになりたいetc…

色々あると思います。

元も子もない事を言いますが、大抵のことは「お金」があれば実現できます。

賛否両論あると思いますが、真実だと思いますね。

ちなみに僕の夢は、「発達障害に対する理解を広めること」です。

自分で言ってて悲しいですが、何かを全国的に広めたいと思ったら莫大な「お金」が必要です。逆に言えばお金があれば、何かを広めることなんて簡単ですよね?

その方法はここでは話しませんが、ただ広めるだけなら莫大なお金があれば実現できますよね。

ここでもう一度考えて欲しい。

あなたの夢ってお金があったら実現できませんか?


福祉かITかで相当迷った

この記事を書いてみた理由は、僕自身が相当悩んだからです。

アルバイトで経験した、放課後等デイサービス(療育)の仕事が大好きになったんです。

正直、休みの日でも子供達のことを考えるくらい好きでした笑

だから僕は、将来は福祉業界に就職すると大学3年生までは思っていました。

しかし、現実は甘くありません。

なぜなら、福祉業界って恐ろしく給料が低いのです。

保育士の働き方が問題になったり、介護福祉士の給料が問題になったり、なんとなくのイメージを知っている人も多いかと思いますが、実際に現場を経験している人ってそんなに多く無いですよね。

だからこそ、現場経験(放課後等デイサービス)をしている僕がリアルを伝えます。

よほど経営が上手くいっている企業で無い限り、年収400万を超えるのは管理職だけです。

肌感覚ですと普通の社員は、年収350万円いったら高給取りですね。

話を少し変えます。

結果的に、「福祉とIT」僕が新卒の就職先として選んだのは「IT業界」です。

先程からお金の話ばかりで申し訳ないですが、僕の内定先の給料は年棒330万円です。

新卒の給料と、福祉業界5年目の給料がほぼ変わらないんですよ。

もう一度言いますが、僕は福祉の仕事が大好きです。

身体がもつ限り、一生やっていたいと思っていました。

でも、それと同じくらい将来の奥さんと子供を幸せにしたいと思いました。

普通の社員が福祉の仕事で、家族を満足に養えるとはとても思えませんでした。。。

だから相当迷った結果、IT業界を選びました。

嫌いじゃない仕事ならいい

僕がIT業界(職種はエンジニア)を選んだ理由は3つあります。

・プログラミングが出来れば、WEBサービスを作れると思った。

・実際にプログラミングをやってみて嫌いじゃなかった。

・福祉とITは掛け算できると思った。

先程お話した通り、僕は福祉の仕事が大好きです。

だから、将来的に福祉業界と掛け算できそうなIT業界を選びました。

福祉業界に必要なwebサービスが作れれば、業界に貢献できると思いましたし、福祉業界に足りないものがIT技術で補えると思ったからです。

それともう一つ大きな理由が「実際にプログラミングを学んでみて嫌いじゃなかった」んですね。

福祉を仕事にすると、お金の不満で嫌いになってしまうのが怖かった。

だから、嫌いじゃないことでそこそこ稼げるならそれでもいいかなって思ったんです。

まとめ

やりがいと給料

僕は「給料」を選びました。

理由は、僕の夢はお金があれば叶うと思ったからです。

僕の選択が良かったかどうかの答えが出るのは、まだ先のことです。

10年後に今を振り返った時、後悔の無いように生きていきましょう。

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク