終身雇用の崩壊は不可避の未来。トヨタの社長も言及した真実とは?

終身雇用崩壊について知りたい方

終身雇用崩壊に伴う社会現象について知りたい方

先行きが分からない将来が不安な方

元号が令和になってすぐに、衝撃のニュースが来ました。

いや、既に分かっていた人も多いかも知れませんね。。。

トヨタ社長が「限界発言」終身雇用の継続は難しいとの認識

こちらのニュースです。

このニュースを見て、Twitter上でブロガーのイケハヤさんやマナブさんの意見を聞いた上で僕なりの考えをお伝えしていきたいと思います。

ついに、日本の終身雇用が崩壊します!!!


圧倒的個の時代の到来

先日こんなツイートをしました。

僕はインフルエンサーではないので、いいねは少ないですが笑

「いいね」「RT」「コメント」3つ全てが付いたツイートです。

正直、今から言う問いかけがこの記事の肝です。

なにも考えず、なにも決断せず、右向け右で生きてきた日本人。
マジでやばいですよ。即行動しましょう。

ということ。

ドキッとしたんじゃないですか?

控えめに言って恐ろしい時代だと思います。

努力が美徳ではなく当たり前になるのですから、努力ができない=挨拶ができないみたいな図式が出来上がります。←少し言い過ぎかな笑

でも、終身雇用が崩壊した日本では、個人で稼ぐことが必須の時代であると言えるでしょう。

そのために、努力は避けられないことだと僕は強く思います。


終身雇用とは?

そもそも終身雇用ってなに?という方に簡単に説明します。

終身雇用(しゅうしんこよう)は、同一企業で業績悪化による企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるという、日本正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行(ちょうきこようかんこう)ともいう。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E8%BA%AB%E9%9B%87%E7%94%A8

この終身雇用の考え方は、従来の日本の慣行とも言うべき考え方ですね。

特に大企業では、この考え方に基づいた経営を行ってきた企業が多いのではないでしょうか。

もう分かっている人も多いと思うのでざっくり言うと、1度その企業に入社したら定年までその企業で働き続けるという暗黙のルールみたいなイメージでしょうか。

副業解禁の加速

終身雇用の崩壊に伴って、ほとんど全ての企業で副業が解禁されるはずです。

というか、副業が許されない企業で働く価値は無いと言い切ってもいいくらいです。

少々荒い言い方かも知れませんが、企業が個人を守れない時代に、個人で稼ぐことが許されないなんて時代錯誤もいいところだと僕は思います。

そんなわけで、これからは副業解禁が加速するはずです

正直に言うと、僕がブログを始めたのはこの未来を予想していたからなんです。

流石に新しい年号の名前までは予想出来ませんでしたが笑

令和の時代は、副業するのが当たり前の時代になると思いますね。

あなたはこれからどんな副業を始めますか?

居酒屋、カラオケ、ファミレス、ブログ、プログラミングetc…

色々あると思いますが、僕がオススメするのは圧倒的にブログです。

年功序列の崩壊

終身雇用の崩壊に伴ってもう一つ崩壊するものがあります。

それは、年功序列

45歳以上がリストラの対象になっている現実があるのに、年齢が高いという理由だけで給料が上がるなんて有り得ないですね。

でも悲観することは無いと思います。

そう思う理由は、を重ねるごとに経験値を貯めていけば良いだけだと考えているからです。

よく考えてみれば分かりますが、45歳以上の全ての人間がリストラの対象になっている訳ではありません。

リストラの対象にならない理由をあなたなりに考えてみるべきだと思います。

きっとその答えが、これからを生き抜くヒントになるはず。

僕なりの答えとしては、先にお話した通り経験値を貯めることなのですが、その方法を少しお話します。

それは、挑戦と失敗を繰り返すことです。

耳にタコが出来るほど聞いた言葉かも知れませんが、これに尽きるのではないですか?

逆に他の方法があれば教えていただきたいですm(_ _)m

まとめ

まとめると、

・日本の終身雇用の崩壊は不可避の事実である

・これからを生き抜くためには、個人で稼ぐ努力が不可欠である。

・歳を重ねる毎に経験値を貯めていく生き方をしよう。

・経験値を貯める方法は、挑戦と失敗を繰り返すこと。

こんなところでしょうか。

これは僕が自分なりに情報を集めて、共感したことや考えたことをまとめたものです。

当たり前ですが、この記事に書いてあることが全てではありませんし、そもそも未来を完璧に予測することなんて不可能です。

この記事を読んだあなたが、自分で考えて自分で決断していくことを強くおすすめします。

僕はその背中をそっと押せる存在になれたら嬉しいなと思います。

それでは、ばいばい〜!

僕のオススメの本紹介コーナー

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク