次回から「なおやすブログ」と検索してください^ ^
NO IMAGE

【プログラミング】JavaScript入門①出力・変数・if文

どーも!なおやすです。

僕が勉強しているJavaScriptの入門ということで、プログラミング学習の過程的な感じで記事を更新していきたいと思います。

console.log();

で出力が出来る。文字列は””で囲む。

console.log("Hello");

数値は””で囲まない。

console.log(12);

四則演算も出来る

console.log(12 + 39);
console.log(12 - 10);
console.log(12 * 2);
console.log(12 / 2);
console.log(12 % 5);

変数

変数とは値の入れ物のことで、箱みたいなもの 頭にletを付けて宣言する。

let name = "naoyasu"

console.log(name);

let 新しい箱を用意する。

= ⬅︎これはイコールではなく代入

変数の決まり

  • letを頭につける
  • 同じ変数は2度使わない
  • 変数の命名規則を守る

変数を書き換える

let name = "naoyasu"
console.log(name);

name = "daisuke"
console.log(name);

新しい箱を用意することになってしまうためletはいらない

変数var

var は使わない。

致命的な欠点がある。

  • 変数を勝手に定義してしまう。
  • 同じ変数でも動いてしまう。

定数

「絶対に書き換えてはいけない」と教えることが出来る。

コードが長くなってしまった時に役に立つ。

const today = "12/14"
console.log(today)

constは再代入が出来ない。

today = "12/15" ⬅︎×

if文(条件分岐)

let price = 1000
console.log("初期価格" + price + "円");
console.log(`初期価格${price}円`);

if (age >= 65) {
price = price*0.8
}
console.log(`本価格${price}円`);

出力:本価格800円

const age = 12
let price = 1000
let discountRate;
// console.log("初期価格" + price + "円");
console.log(`初期価格${price}円`);

if (age >= 65) {
discountRate = 0.3
price = price - (price * discountRate)
} else if (age >= 55 || age <= 12){
discountRate = 0.1
price = price - (price * discountRate)
} else {
console.log("割り引きなし!");

}
console.log(`本価格${price}円`);

出力:本価格900円

Web系自社開発企業に就職を成功させた僕が選んだプログラミングスクール

  • DMM WEBCAMP
    5

  • TECHCAMP
    4

  • ポテパンキャンプ
    4