iTunes無くなる

iTunesがいよいよ終了。Apple WatchとiPadも進化する。

とうとう明日(2019年6月3日米時間)WWDC(アップルがmacOSやiOSの開発者向けに毎年開催しているイベントのこと)にて、iTunesが終了するのではないかという噂が流れています。

海外記事サイトの「Bloomberg」による情報をまとめました。

どうやらiTunes終了は本当みたいです。

それではどうぞ。


iTunesの終わり

iTunesは、Appleユーザーが音楽を聴いたり、映画やテレビ番組を視聴したり、デバイスを管理したり出来るアプリケーションですよね。

このiTunesの代わりとしてMac用の3つの新しいアプリが立ち上がります。
それがこちら↓

「Music、TV、Podcast」

なんてわかりやすいネーミングでしょうか。

どうやらこれらのアプリケーションによって、僕らはiTunesが無くてもMusicアプリを通してAppleのガジェット管理が出来るようになるみたいです。


Apple WatchとiPadがより進化する。

※簡単に要約します!!!
The changes will showcase Apple’s new generation of devices and software: Apple Watches that are more independent from iPhones, iPads with software that reduces the need for a laptop, apps that run on any Apple device, and growth areas such as augmented reality and personal health-care management, according to people familiar with the plans.

今回の会議による発表よって、Appleの新世代のデバイスとソフトウェアが明らかになります。

その新世代のデバイスとソフトウェアについて僕が理解したのはこんな感じです。

・Apple Watchで個人の健康・医療管理ができるようになる。

・iPadがパソコンにより近い性能になる。

・新デバイスについては、新しいMac Proを検討。

どうやらApple Watchの医療管理については、拡張現実(AR)や個人の健康管理などの分野に精通している人達と協力して開発していくようです。

僕は男なのでよく分からないのですが、月経周期の追跡も出来るようになり、ピルリマインダー機能も搭載されていくみたいです。

また、次回のアップデートで新しいメッセージング機能が搭載された「watchOS 6」が導入されるようです。

iPadに関しては、きっとそのうちスマホ感覚でパソコンと同じことが出来るようになるのではないでしょうか。

発表内容としては、ホームスクリーンの機能強化と複数アプリの同時使用です。

また、これは未来予測ですが、数年後にはキーボード入力は無くなっていると思います。

音声入力が文字入力の主になっていきます。

となると、今使っているパソコンのキーボード部分が要らなくなる訳ですから、残るのはiPadの形そのものですよね。

まとめ

iTunesが終了し、新たに「Music、TV、Podcast」という3つのアプリケーションが生まれる。

Apple WatchとiPadがより進化し、それぞれが独立した機器になっていく。

Apple Watchはより「個人」にフォーカスした機能の搭載が検討されており、個人の健康管理や医療管理が出来るようになるかもしれない。

iPadはよりパソコンに近い性能になることが検討されており、イメージ的には「キーボードが無いパソコン」

こんなところでしょうか。

時代の進化が凄いですね。。。

時計が医療管理をしてくれるなんて、驚きです。

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク