IT企業って何?自社・受託・SES企業仕事内容まとめ

IT企業に就職を考えている方

人気のIT企業を知りたい方

IT企業のことを知りたい方

IT企業に興味はあるけど、詳しいことはあんまりよく知らない就活生がIT企業について知っておくべきことをまとめました。

この記事は、なんとなくでIT企業を目指していた僕が知っておいて良かった情報、もっと早く手軽に知りたかった情報を全て書き込んでおります。

なお、僕は就活のプロではありませんし、IT業界についても何でも知っている訳ではありません。

でも最低限これらの情報を頭に入れておけば、実際に働き始めてからのミスマッチを無くすことは出来ます。

より詳しいこと、より正しい情報を知りたい方は、ネットや人に聞く等で情報を集めることをオススメします。


IT企業とは?種類別まとめ

 
IT企業だから、プログラミング出来るぜ!

エンジニアになれば誰でも技術力が身につくと思っていませんか?

残念ながらそれは大きな勘違いです。

実際にコードを書くのは最初だけで、あとはずっとExcelで設計書を作成したり、人を管理する側に回ったりする企業も数多く存在します。

同じIT企業でも、仕事内容は業態によって全く異なります。

知っておかないとあなたと企業がお互いに不幸になってしまいますので、しっかり頭に入れるようにしましょう!

自社開発企業

自分の会社でWEBサービス、サイト、アプリ、ゲームなどを開発、運営、販売している企業のことです。

僕が新卒で入社する企業もこの業態です。

LINEというサービスを運営している株式会社LINEとか、メルカリというサービスを運営している株式会社メルカリとかが有名ですね。

これらの社名を聞いて分かるように、よりユーザーに近い仕事が出来る事が魅力の一つだと思います。

そして技術力が一番付くと言われているのも自社開発企業の特徴です。

自社開発企業は、自分たちのサービスを売らなければお金になりません。よりいい機能をより速く実装する事が求められるため、社内では日々プログラミングスキルの向上が求められます。

また、私服で勤務OK、髪型自由、マイデスク完備みたいに自由な環境で働く事が出来る可能性が高いのも特徴の一つと言えるでしょう。

一方で、自社開発企業で働く上で注意したい事としては、

「研修が充実していない事がある」

「サービスの安定性に波がある」

「特定の言語しか使う機会がない」

「就職難易度が高い」

「日々勉強が必要」

といったところでしょうか。

とにかく技術力を付けたい。比較的自由な環境で働きたい。という人は自社開発企業を目指すのがいいと思います!

受託開発企業

システム作り業務をお客さんから依頼を受けて行っている企業の事です。

お客さんとなる対象は会社によって様々で、個人サイト作成、個人営業の飲食店のHP作成、他企業が開発しているアプリの一部実装など多岐に渡ります。

基本的には担当者がヒアリングを通して、お客さんからの悩みや要望に合わせて設計書を作り、プログラマーがその通りに作るのが主な仕事内容になります。

出世すると、プログラマーとしてコードをバリバリ書くというよりは、人の管理(マネジメント)を担当する事になる傾向が強いみたいですね。

日本企業においては、IT企業というと受託開発企業が主流となっています。

そのため、求人がたくさんありますし、比較的就職しやすいと言えるでしょう。

また、比較的歴史が長い企業が多く、「研修が充実している」「経営が安定している」「人事制度がしっかりしている」などの特徴を持った企業が多い傾向にあります。

一方で、受託開発企業で働く上で注意したい事としては、

「新しい技術に触れる機会が少ない」

「必ず設計書通りに作る必要がある」

「出世するとコードを書く仕事が減る」

などが挙げられるでしょうか。

将来はマネジメントの仕事がしたい。経営が安定している企業で働きたい。という方は受託開発企業を目指すのがいいと思います!

SES企業

SESとは、正式名称を「システムエンジニアリングサービス」と言いまして、上に書いた自社開発や受託企業に対して技術者を派遣する企業の事です。

何かと話題になる事が多いのがこの業態ですね。

「IT企業は残業が多い」「IT大変そう」「人間関係最悪」みたいなイメージは、SES企業が作っていると言う方もエンジニアの中にはいます。

このように言われてしまう原因としては、

「自分が採用された企業ではない場所で働く事になる」

「納期が厳しい案件で働く可能性がある」

「1日がコピーと貼り付けだけで終わる仕事をする可能性がある」

などが挙げられるでしょうか。

もともとSESの特徴は、「採用された企業ではなくて他の企業に派遣されて働く」事ですので、これを十分に理解せずに就職してしまった方が不満を漏らしているのだと思います。

しかし、文系未経験歓迎や選考条件にプログラミング経験の有無を問わない企業がとても多い傾向にありますので、独学で少しでもプログラミングを学んだ経験をアピール出来れば、就職難易度はかなり低いと思います。

また、3ヶ月ほど時間をじっくり掛けて研修をしっかり行う企業が多いので、プログラミング未経験の方がSES企業からエンジニアとしてのキャリアをスタートさせることが多い傾向にあります。

プログラミング未経験だけど、IT企業で働いてみたい。研修をしっかり行ってくれる企業で働きたい。という方はSES企業を目指してみるのがいいと思います!


IT企業人気ランキングと年収一覧

 
業態のことは分かったけど、どんな会社があるの?

という疑問が生まれると思いますので、IT企業の人気ランキングと年収をまとめました。

1位 NTTデータ 平均年収813万円

人気ランキング堂々の1位は、「NTTデータ」でした。ビックデータ、AI、lot、ロボティクス、決済、クラウドコンピューティングこれらの事業をしている企業ですね。

平均年収も813万円と普通に暮らしていく分には申し分ないでしょう。

先進的テクノロジーの先を読んでいるのが特徴の1つとして挙げられますね。

政治・経済・社会・技術の4軸で将来の予測を立てているため、社会課題を解決に向けたテクノロジーの活用が期待されています。

個人的には、コミュニケーションロボット「Sota」が気になります(_ _).。o○

人気1位も納得です。合コンとかでもモテそうですね笑

2位 富士通 平均年収797万円

人気ランキング2位は「富士通」でした。コンピュータプラットフォーム、ソフトウェア、ネットワーク機器、電子デバイス・半導体などに精通している企業ですね。

ちなみに、ITサービス提供企業としては国内売り上げNo.1であり、世界No.4です。

そんな「富士通」の平均年収は797万円。

さすが大企業と言ったところでしょうか、人気2位でも800万円に届く勢いですね。

人気の理由も納得です。。。

ですが、最近何かと話題になっていますね(´-`).。oO

製品よりもこちらに注目している人が多いかもしれないです。

大企業安定時代の終了を色濃く宣言した企業の代名詞と言っても過言ではないと思います。

3位 Google 平均年収1130万円

人気ランキング3位は「Google」でした。さすがGoogle神と言ったところでしょうか。平均年収は1130万円です。

ただし、この年収は本社勤務の場合ですので、Google Japanで勤務する場合は平均年収は800万円くらいになるそうです。

そんなGoogle神は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカのテクノロジー企業ですね。

検索エンジンとしてあまりにも有名なので、どんな企業かイマイチ分からないけど、名前だけは知ってるって方も多いのでは無いでしょうか?

世界的有名企業4つの頭文字「GAFA」の「G」に当たります。

4位〜10位 平均年収853万円

参考までに、4位〜10位までの企業名と年収を紹介します。

4位 「楽天」平均年収850万円

5位 「SCSK」平均年収726万円

6位 「アクセンチュア」平均年収900万円

7位 「伊藤忠テクノソリューションズ」平均年収823万円

8位 「ヤフー」平均年収714万円

9位 「野村総合研究所」平均年収1150万円

10位 「NEC」平均年収809万円

どれも有名な企業です。

また、年収が高いから人気が高いという訳ではなさそうですね。

企業ごとの福利厚生や残業時間、事業内容によっても人気が左右されていくのだと思います(^ ^)

参照:https://www.nikki.ne.jp/event/20180517/

IT企業の志望動機の考え方

ここまで読んで、

 
IT企業で働いてみたい!!

と思った方もいると思いますので、ここからは就活のプロに言われたことIT企業に入社するまでに僕が実際に話した志望動機内定を貰うための志望動機の考え方について書いていきたいと思います。

行動力を示す

「行動力を示す」これが出来ていない人が大半です。

逆に言えば、行動力を示すことがしっかり出来れば内定を貰うことはそんなに難しくないと断言できます。←就活のプロに言われたことですし、僕自身も実感していることです。

具体的には、プログラミングスクールに通うというのも一つの行動ですね。

僕がオススメするスクールはここです↓

オススメする理由についてはこちらの記事をご覧ください。

その他、具体的な行動についてはこちらを参考にしてください。

内定を取るまでに行ったことを3つに絞って書きました。

IT技術への興味を示す

IT企業に興味があるということは、少なからずIT技術に興味があるということですよね。

では、プログラミングを書くために必要な言語はどんな言語があるか知っていますか?

実際に動くプログラムを書くためには、プログラミング言語と呼ばれる言語を使う必要があります。

作る目的や作りたいサービスによって言語を使い分けていくのですが、どんな言語があるのか、言語ごとにどんな特徴があるのかを知っておくことはIT技術への興味を示す事に繋がります。

必ず調べた方がいいと思います。

将来のことをしっかり話す

「あなたは弊社でどんな仕事がしたいですか?」

よく聞かれる質問です。僕も実際に聞かれました。

この時に重要なのは、エンジニアとしてどんな仕事がしたいかをしっかり話す事です。

「出世がしたい」ことが前面に伝わるような志望動機はあまり適切ではないです。

エンジニアとして必要な技術力を身につけ、その技術力を使って会社のサービスや売り上げに貢献していきたいというように、あくまでも技術力を身につけた上でどのような仕事をしていきたいかをベースに将来のことを話すのがいいと思います。

自社開発企業の志望動機

最後に、自社開発企業に面接を受けに行こうと考えている方に向けて、実際に内定をもらった志望動機を暴露したいと思います。

先に断っておきますが、志望動機がちゃんとしていても、伝え方や質問に対する受け答え方など、内定を得られる基準は志望動機だけでは無いので、バランス良く対策してくださいね♪

自社開発企業向け志望動機
〇〇(サービス名)という〇〇(サービスの内容)が特徴のwebサービスの開発・運用業務を通して、よりユーザーに近い距離で自分が身につけた技術力を活かしてエンジニアとしての仕事が出来ること、〇〇(サービスの名前)というサービスの特性から、他業界にもそのサービスの特性を活かしていける可能性が高いという視点から事業の成長に携われること、また、説明会でお話しさせていただいた際に、親身になって相談に乗っていただいたことから自分から質問や相談をして学びながら働くことが出来る環境だと思いましたので、ぜひ御社で働きたいと思い志望致しました。

見にくくて申し訳ありませんが、逆にリアルですよね笑

・その企業の理念に共感したこと

・よりユーザーに近い距離でエンジニアとして仕事がしたいこと

・事業の成長に携わりたいこと

・自分から学びにいける環境があること

この辺を意識して伝えていきました。

まとめ

ここまでの情報が頭に入っていると、働き始めてからのミスマッチを無くしていけると思います。

とにかく技術力をつけたい、比較的自由な環境で働きたい人→自社開発企業がおすすめ。

将来はマネジメントがしたい、比較的経営が安定している企業で働きたい人→受託開発企業がおすすめ。

プログラミング未経験だけどIT企業で働きたい、研修が充実している企業で働きたい人→SES企業がおすすめ。

大した実績では無いので恥ずかしいのですが、記事の信頼性を少しでも高めるためにリアルな就活状況をお伝えします。↓

就活期間
2019年1月〜2019年2月25日。

計6社受けて、最終面接まで行った企業が3社。

そのうち内定1社、辞退1社、お祈り1社。

1次面接通過率が50%前後、2次面接以降通過率はそこからまた50%前後なので、最終的な内定率は25%〜30%(3〜4社受けて1社)くらい?

計算が合っているか分かりませんが、だいたいこんな感じです。

ではでは〜!

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク