子供の褒め方が分からない?3つのことを意識するだけでOK

  • 2019年6月21日
  • 2019年6月21日
  • 子ども

こんにちは、なおやすです。

相手のことを褒めたにも関わらず、反応がイマイチだった。。。

みたいな経験ってありませんか?

実はその原因はたった3つだけかもしれません。

この記事では、その3つの原因をお伝えしていきます。

※この記事の対象は子供ですが、大人に対しても同じことです。


色んな褒め言葉を使って褒める

あなたは褒め言葉をいくつ思いつきますか???

・・・どうです?

意外に思い付かなくないですか?笑

僕は最初「すごい」しか思いつきませんでした。

でも今では、自然にこんな言葉が溢れ出てきます。

もちろん、ここに書いてある言葉だけではなくて、他にもたくさん使います。

このツイートにもある通り、どんな言葉が相手の心に刺さるか分かりません。

それは子供も大人も一緒。

その時の状態によっても変わります。

数打ちゃ当たるの戦法で、色んな褒め言葉を使ってみましょう!


笑顔で褒める

おめでとう( ̄  ̄)

おめでとう( *`ω´)

おめでとう( ◠‿◠ )

同じ「おめでとう」でも表情が違えば、受け取り方も違いますよね。

せっかく褒めているのにも関わらず、無愛想だともったいないです。。。

最初は恥ずかしいと思うので、はにかむ程度でもOKです!

出来るだけ「笑顔」で褒めるようにしましょう。

誰が言ったのか覚えていませんが、

人は楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しくなる。

のだそうです。

褒められる側も褒める側も「笑顔」一つで楽しくなれるのなら、素敵ですよね!

オーバーリアクションで褒める

すごい、ありがとう!

うわぁ!すごい、ありがとう!

「うわぁ!」を付けるだけでも、言われた方は少し嬉しくないですか?

オーバーリアクションで褒めるって大事なんですよ。

伝えたい想いを、より伝えるためにはリアクションを大きくするといいです!

身振り手振りを付けてみてもいいですね♪

過去の僕は・・・

先日のツイートした通り、

僕は子供が好きにも関わらず、褒めるのがめちゃめちゃ下手くそでした。

笑顔がない

すごいしか言わない

リアクション薄い

超褒め上手な先輩と真逆のことをしていました。

つまり

100点の笑顔で

色んな褒め言葉を使って

オーバーリアクションで

褒めれば、あなたも褒め上手

過去の僕は「超」が付くほどの褒め下手でした。

そのことに悩んでいた時に、ある先輩の背中をみて気付いたんです。

「これだったのか・・・」と思いました。

ぜひ、試してみてくださいね!

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク