池袋のプログラミングスクールCode Villageを取材してきた!

こんにちは!なおやす(@naoyasu_log)です。

実は今回、ブログ経由で記事の依頼がありまして…!

池袋にある「Code Village」というプログラミングスクールに取材をさせていただきました^ ^

先に結論から言うと

学生向けのプログラミングスクールだなと感じました。(もちろん社会人の方も通う事が出来ますよ!)

この記事では、

  1. Code Villageの特徴
  2. Code Villageの優れているところ
  3. Code Villageの微妙なところ

こんな内容でお伝えしていきたいと思います!

 
この記事を書いた人

就活期間2ヶ月でweb系自社開発企業に内定

2020年からwebエンジニアとして働く予定

初等教育専攻のド文系大学生

プログラミング未経験の新卒として就活した

実際にCode Villageに取材をしてきた


池袋のプログラミングスクールCode Villageは学生向けのプログラミングスクールです。

少人数制だから仲間ができる

Code Villageはプログラミングスクールにしては珍しい、少人数制というスタイルを取っています。

ゼミみたいな雰囲気だと思ってもらえればいいのではないでしょうか!

そのため受講生同士の距離が近く、切磋琢磨する仲間ができやすいのが特徴です。

ちなみにですが、プログラミングを学習する上で一番怖いのが…

挫折すること!

逆に言えば、挫折さえしなければプログラミングスキルは誰でも身に着けることができます。

大学を中退した僕でもプログラミングを学んでWEBエンジニアになることが出来ているので、あなたに出来ない筈はないんです。

そのため挫折しないように仲間が作れるというのはCode Villageの大きな特徴かなと思います!

価格が他のスクールと比べて安い

こちらの画像をご覧ください。

Code Village 価格
Code Village
T社
D社

この3社はいずれも通学型のスクールですが、サービスの差はあれど、Code Villageが圧倒的に安いことが分かりますよね。

学生であれば、本気でバイトをすれば2〜3ヶ月で貯めることが出来る金額です。

その期間がんばるだけで、一生もののスキルが身に着くと考えれば安いですよね…

しかし!この値段で通うことが出来るのは今だけかもしれません。

というのも多くのプログラミングスクールは、年々値上げをしていますのでCode Villageも例外ではありません…

学習の過程でポートフォリオを作る事ができる

  • プログラミングを学んで稼ぎたい。
  • 将来ITエンジニアになりたい。

と考えている人は「ポートフォリオ 」というものを作らなければなりません。

ポートフォリオというのは、自分の持っているスキルを証明する作品のことです。

プログラミングで稼ぐということは誰かから仕事を貰うということですよね。

依頼する人の立場になって考えてみると、依頼する人(あなた)がどのくらいのプログラミングスキルを持っているのかが知りたいはずです。

それを示すものがポートフォリオというわけですね。

僕も就活ではポートフォリオを作ってから面接に臨みました。

そして面接官に言われたことは…

 
面接官
ポートフォリオを作ってくる学生は中々いないよ

つまり…!

ちゃんとしたポートフォリオを作るだけで、ITエンジニアの就活はかなり有利になりますよ!

Code Villageでは学習の過程でポートフォリオを作ることが出来ますので安心して就活をすることが出来ます。

よければこちらの記事も参考にしてくださいね♪

ここから先は、

  • Code Villageの優れているところ
  • Code Villageの微妙なところ

をお伝えしていきたいと思います!


Code Villageの優れていると思ったところ

講師との距離が近い

こちらの写真はCode Villageの授業風景です。

写真でも分かるように、講師との距離が近いので分からないことをすぐに質問することが出来るのは、かなりいい環境だなと思います!

もっと言うと、最初はプログラミングを勉強しても「何が分からないのかが分からない」んですよね…

でもこの距離の近さなら、講師の方から話し掛けてくれるので挫折する確率はグッと減ると思います^^

スパルタな環境で学習が出来る

Code Village HPより

Code Villageでは、生徒達に1日3時間以上の学習をほぼ強制的に促してくれます笑

1日3時間×3ヶ月も続けることができれば、確実にプログラミングスキルを身に着けることができるでしょう。

でもどうですか?独学で続けられる自信がありますか?

…僕は自信がなかったのでプログラミングスクールに通いました笑

できるだけ早く、なおかつ確実に、プログラミングで稼ぎたいと思ったらプログラミングスクールへ自己投資することは有りだと思います。

コンテンツがJavsScriptを扱っている

Code Villageで学ぶことが出来るプログラミング言語は「JavaScript」です。

JavaScriptを学べば、こんな面白いwebサイトを作ることが出来るんですよ♪

京都大学HP

また、JavaScriptはどんなWEBアプリの作成にも使うことが出来るので、JavaScriptを使えれば可能性はかなり広がります。

詳しくは自身で調べていただきたいのですが、エンジニアとしての市場価値を上げるために僕もJavaScriptを勉強しています^^

長期インターンを斡旋している

これは大学生にとってはかなり嬉しいことだと思います!

Code Villageは長期インターンの斡旋を行なっているんです。

僕が就活で一番後悔していることは、長期インターンに行かなかったことなので、正直このサービスは羨ましいです…笑

実際に就活をしていたのでわかりますが、

  • ポートフォリオがある。
  • 長期インターンの経験がある。

この2つがあれば、ITエンジニアにほぼ確実になれます!

もちろんあなたの努力次第な部分もありますが、他の就活生と差をつけることが出来ますよ♪

続いて、Code Viilageの微妙だと思ったところをお伝えしていきます。

Code villageの微妙だと思ったところ

就・転職保証はついていない

残念ながらCode Villageには就・転職保証は付いていません!

そのため、通えば誰でも必ずITエンジニアになれる訳ではないです…

でも安心してください。

今はレバテックなどのIT専門のエージェントもありますので、就活のことはこういったサービスを利用するのがいいと思いますよ!

実際に僕はプログラミングスクールに通ってプログラミングを学びましたが、就活はレバテックルーキーというサービスを利用して内定をもらうことが出来ました♪

プログラミング学習はスクールで。

就活の相談はエージェントで。

それぞれの専門サービスを使い分けることが重要です!

まだスクールが出来て日が浅い

Code Villageは2017年にできた比較的新しいプログラミングスクールです。

そのため、まだまだ実績が乏しいのが現状です。

ここでいう実績とは有名企業へ就職した生徒が少ないということです。

先ほども言った通り、就活に関することは専門エージェントに頼る方がいいかもしれませんね!

少しでも興味が沸いたら無料カウンセリングへ

ここまで読んでいただきありがとうございます!

授業の雰囲気や講師と話してみたいなど、少しでもCode Villageに興味が沸いたら無料カウンセリングに足を運んでみてくださいね!

もちろんキャリアの相談やプログラミングに関する不安などの話も聞いてくれますよ!
※2019年12月から僕もCode Villageに通うことが決まりました^^
体験記なども書く予定なのでお楽しみに♪

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク