子供たちの画像

教師以外に子供と関わるオススメの仕事とは?すぐに働けますよ!

先に結論をお伝えします。

その仕事とはズバリ!

放課後等デイサービスという仕事です。

詳しくは、下の求人で「放課後等デイサービス」と検索してみてくださいね♪


放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービス(ほうかごとうでいさーびす)とは、児童福祉法を根拠とする、障害のある学齢期児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、療育機能・居場所機能を備えた福祉サービス。「障害児学童保育」とも呼ばれる。略して「放デイ」。

引用:wikipedia

wikipediaより引用させていただきました。

簡単に言うと「障害児のための学童保育」みたいな感じですね。

障害と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、実際には障害を感じさせないくらい知能が高い子も通っているので、あまり神経質にならなくても大丈夫ですよ。

僕が2年間勤務している施設では、小学1年生なのにプログラミングがめちゃめちゃ出来る子もいます!

実際の仕事内容は施設毎に違ってくると思いますが、「遊びながら子供たちの成長を見守ること」と考えれば間違っていません。

たまに子供たちの宿題を教える事はありますが、小学生の宿題は難しくないので安心してくださいね♪

あとは、多くの施設で行っていると思いますが、「毎日の活動」を行うことも仕事の一つです。

僕が勤務している施設では、

・カレー作り体験

・理科実験

・フィンガーペインティング

・おやつ作り

・スライム作り etc…

このような活動を毎日1つ行っています。

社員、パート関係なく担当することもありますので、やりがいは抜群ですよ笑

その他楽しいことは山ほどありますが、書ききれないのでこのくらいにしときます。

ぜひ一度、見学だけでも行ってみることをオススメします!

次は、似たような仕事「児童発達支援」を紹介します。


児童発達支援とは?

児童発達支援事業および医療型児童発達支援事業は、未就学児童を対象としており、放課後等デイサービスと同様に専門的療育を実施する。

引用:wiki

放課後等デイサービスと似たような事業として「児童発達支援事業」というものがあります。

簡単に説明すると、放課後等デイサービスの0歳〜6歳バージョンみたいなイメージです。

とは言っても0〜1歳の子はほとんど来ません。

一番小さくて2歳からが多いですね。

肌感覚では、4〜5歳が多いかなって思います。

この児童発達支援ですが、同じ会社内で放課後等デイサービスと併用されている場合と児童発達支援のみ運営されている場合があります。

これは会社によって異なるので、よく調べてみてくださいね!

教師以外にも子供と関わる仕事はある

子供と関われる仕事がしたいなぁ。。。

でも、教師になるには時間も自信もないという人は、上記の仕事がオススメですよ。

今は施設がたくさんあって、どこも人手不足です。

そのため、面接に行けばその場で採用ということも少なくありません。

ぜひ、見学だけでも一度行ってみては?

それでは、ばいばい〜!

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク