自信

子供に自信をつけさせる習い事とは?【2種類の自信って知ってる?】

 

子どもは「自信」をつけさせることが大事だと言われるけど、具体的にどうすればいいの?

ちなみに自信がつく習い事ってあるの??

こんなお悩みに

 
この記事を書いた人
大学で初等教育を専攻している

幼・小の教員免許を取得中

小学生にプログラミングを教えている

2020年からwebエンジニアとして働く

こんな人間が「子ども」「プログラミング」の両方の視点からお伝えしていきます!

子どもの自信がつく習い事が分かる。

子どもが身につけるべき2種類の自信が分かる。


子供に自信をつけさせる習い事とは?

結論から言うと「プログラミング」がオススメです!

理由は3つあります♪

  • プログラミングが出来る子どもは少ない。
  • プログラミングが出来ると「すごい」と言われる。
  • プログラミングは大人になっても役に立つ。

詳しくはこちらの記事が役に立ちますので、ぜひご覧ください。

上の記事をまとめると…

  • 国から必要とされているスキルだから。
  • 未来の仕事はIT技術ありきになるから。
  • 世界中で活躍できるスキルだから。

こんな感じです。

「プログラミング」に焦点を当てるとこんな感じになりますが、この記事では子どもが「自信」をつける習い事という点に注目してお伝えしていきます!

プログラミングが出来る子どもは少ない

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されるのは知っていますか?

これに向けて「プログラミング教育」が注目されていて、習い事ランキングでも「プログラミング」が上位にいます。

ですが!

プログラミング教室に通っている子どもは、まだまだ少ないのが現状です。

実は2020年からプログラミング教育が必修化されると言っても「プログラミング」という科目が追加されるわけではないんですね。

そのため、プログラミングが出来るということがどれだけの価値があるかを分かっていない親御さんが多いのだと思います。

例えば「スイミング教室」「英会話教室」とかなら分かりやすいじゃないですか。

  • スイミング教室⇨体力がつくからやらせたい。
  • 英会話教室⇨将来的に英語は必要だからやらせたい。

でも、プログラミングが出来ることのメリットってあんまりピンとこないと思うんです。

だからプログラミング教室に通っている子どもも少ないんじゃないかな…

なのでこの記事に出会えた親子はラッキーですよ🎵

プログラミングが出来ると「スゴイ」と言われる

先ほどプログラミングが出来る子どもが少ないという話をしましたが、これって実はチャンスです!

なぜなら、他人が出来ないことが出来るようになると「〇〇くんスゴイね!」って言われるからです。

そして「スゴイ」と言われることによって自分に自信がつくようになります。

褒められる⇨やる気が上がる⇨自信になる

これをエンハンシング効果と言います。

2020年からはプログラミング教育はもっと注目されてきます。

プログラミングが出来る子どもが少ない今のうちがチャンスですよ♪

プログラミングは大人になっても役に立つ

プログラミングを習うことによって身に付くスキルは主に3つあります。

  • 論理的思考力
  • 問題解決能力
  • プログラミングスキル

これらのスキルは言うまでもなく、これからの社会人に求められるスキルです。

これからの時代は「IT」が生活と切り離せなくなります。

数年前。

・スマホを持つことを想像できましたか?

・ネット予約を想像できましたか?

・Suicaの登場を予想できましたか?

これらが出来るのは全て「IT」のおかげです。

そしてIT技術というのは広く見ればプログラミングです。

つまりプログラミングスキルがあれば、これからの時代は仕事に困ることはないと言えるでしょう。


子どもが身につけるべき自信は大きく分けて2種類ある。

ここからはプログラミングの話は置いて、子どもが身につけるべき「自信」についてお伝えしていきたいと思います。

先日僕はこんなツイートをしました。

「自信」は2種類ある。

根拠のない自信
⇨親からの愛情によって育まれるもの。

根拠のある自信
⇨自身の成功体験によって育まれるもの。

この通り「自信」には2種類あります。

  • 根拠のある自信
  • 根拠のない自信

参考:子どもの将来…9割はアレで決まる!?無意識に「子どもの将来をつぶす親の行動」

根拠のある自信

「根拠のある自信」については分かりやすいですよね。

  1. テストで100点取った!
  2. サッカーでゴールを決めた!
  3. 先生に褒められた!

こんな風に、自分が頑張った結果得られる自信のことです。

根拠のある自信はプログラミングを勉強することで身につけることが出来るので、自信が身につく習い事としてプログラミングをおすすめしました。

例えばこんな感じです。
プログラミングでロボットを動かす⇨友達や家族に見せる⇨「スゴイね!」と言われる⇨やる気が上がる⇨根拠のある自信がつく。

一方で「根拠のない自信」はこう簡単には身につきません。

根拠のない自信

正直な話。
どんな習い事や挑戦をする上でも「根拠のない自信」というのは超大事です。

勘違いしないでいただきたいのは、根拠のない自信=傲慢で自惚れた態度ではないということ。

これは僕の個人的な意見ですが根拠のない自信というのは「自分は自分でいい」という自信のことです。

「あなたは頭が悪い」「あなたはだめだ」親からこんな言葉を投げられた子どもに自信がつくわけないですよね。

それよりも「あなたはあなたのままでいい」って言われてきた子どもは根拠のない自信に満ち溢れているので、失敗を恐れずに自ら色んなことに挑戦するようになりますよ♪

そしてこの役目は親の愛情でしか成し得ません。

子どもに「自信」をつけて欲しいなら…

それでは「まとめ」です。

子どもに「自信」をつけて欲しいなら…

  • 「あなたはあなたのままでいい」という親の愛情を注ぐ。
  • 出来ない子が多い習い事をやらせてみる。
  • おすすめなのはプログラミング。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク