アンパンマン

アンパンチは暴力による解決ですが子供への影響は薄い【根拠あり】

  • 2019年8月11日
  • 2019年8月14日
  • 子ども

Twitterのトレンドに何故か今更「アンパンチ 暴力的」がトレンド入りしているみたいです。

事の発端となった記事(ツイート)がこちら

⇨「アンパンチ」で暴力的に?幼児への影響は?

実はこの記事のインタビューを受けたのは、創価大学文学部渋谷明子教授という方らしいですね。

なぜ文学部の教授子供に与える影響に詳しいんだ?という僕の疑問は一旦置いておいて笑

  • アンパンマン・ドラゴンボール・ワンピースなど、暴力的なシーンが比較的多いアニメを小さな頃から観て育った。
  • 今まで幼稚園・小学生100人以上と接してきた。
  • 大学で初等教育を学んでいる。

こんな僕が「アンパンマンを見て育った子供は本当に暴力的になるの?」という疑問に実体験を元にお伝えしていきたいと思います。

結論:アンパンマンを見ただけでは子供は暴力的にはなりません。

理由:僕が暴力的ではないからです。


アンパンマンのアンパンチは間違いなく暴力による解決です。

こんな記事があったので、共有させていただきます。

アンパンマンの「アンパンチ」は間違いなく暴力による解決です。

こちらの記事、実はアンパンチの是非を説いている訳ではなくて、アンパンチの「威力」に視点を当てた記事になっています笑

  • アンパンチとは?
  • アンパンチの威力とは?
  • アンパンチによる被害とは?

科学的にアンパンチについて知りたい方は読んでみてもいいかもしれません。

ただタイトルにもある通り「アンパンチ」は間違いなく暴力による解決です。

この部分には共感できます。

最後のシーンだけ切り取ると…

アンパンマンがバイキンマンを殴る。

バイキンマンが吹っ飛ぶ。

アンパンマンが感謝される。

問題が解決する。

こんな構図になりますので、そう捉える人がいても可笑しくはないですよね。


幼児期にアンパンチを真似して育った子は暴力的になるのか?

ではここで、親御さんが一番気になるであろうこの疑問に答えていきたいと思います。

僕の考えは最初に言ったように

「アンパンマンを見ただけでは子供は暴力的にはなりません」

ということ。

理由は大きく2つあって

  1. 小さな頃からアンパンマンを見てきた僕は今まで人を一度も殴ったことがない。
  2. 今まで100人以上の子供と接してきたが暴力で問題を解決しようとする子はほとんどいない。

この2つが僕の主張の理由です。

ここからはもう少し詳しくお伝えしていきます。

小さな頃からアンパンマンを見てきた僕は今まで人を一度も殴ったことがない。

僕は幼児期(3歳〜5歳)、アンパンマンとウルトラマンが大好きでした。

特にウルトラマンが大好きで、ソフビを何個も持っていたくらい好きでした。

お分かりかと思いますが、アンパンマンもウルトラマンも暴力で相手を倒すという点では何ら変わりはありません。

そんな暴力的シーンが特徴のアニメを3年間も見続けてきた僕ですが、22年間生きてきてたった一度たりとも人を殴ったことはありません(遊びで軽く程度ならありますが)

もし仮に、これから人を殴るような事があったとしても恐らくそれはアンパンマンが原因ではないでしょう。

今まで100人以上の子供と接してきたが暴力で問題を解決しようとする子はほとんどいない。

 
それは「あなた」だけじゃないの?

という意見もあるかと思いますので補足しておきます。

僕は現在大学4年生で、フリースクール2年間、療育施設2年間と合計4年間で100人以上の子供たちと接してきました。

フリースクール・療育施設と呼ばれているように、いわゆる「発達障害」を持った子供が多く過ごしている場所での話ですが、そこに通っている子供たちの中でも暴力で問題を解決しようとする子供たちはほとんどいませんでした。

※「ほとんど」と表記しているのは、障害特性上高ぶる気持ちを抑える事が難しい子供が一定数いるからです。

子供が暴力的になるのはアンパンチのせいではない。

最後に大事なことをお伝えしてこの記事を締めたいと思います。

子供が暴力的になるのはアンパンマンだけのせいではありません。

「だけ」を強調しているのは、子供が大人になるまでの成長過程においてアニメが与える影響よりも周りの環境が与える影響の方が大きいからです。

周りの環境というのは

  • 親の言葉や態度
  • 友達の言葉や行動
  • 先生の言葉や考え方

例えばこういったものです。

子供は実体験を元に大きく成長していきます。

実体験を元にというのは、五感を使って学ぶということ。

それが子供に一番影響を与えるんです。

もし仮に子供が暴力的になったとしたら、周りの環境が与える影響を考えてみる方がいいかもしれませんね。

記事はいかがでしたか?

最後まで
読んでくれたあなたが大好きです^ ^

ぜひコメントお待ちしております⇨このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク